育毛剤とタンパク質の補給がポイント

育毛対策をする上で重要になってくるのが食事のあり方です。

好きなものを食べ続けていては、抜け毛は減らないため頭皮の環境をベストに保つための食材選びをしていく必要があります。

髪の毛は、ケラチンというタンパク質が主成分となっていますが、髪の毛を合成する際にはビタミン類やミネラル類が多く必要になってくるため、これらを食事で確保していく事が重要になってきます。

特に注目されるのは亜鉛です。

亜鉛は牡蠣などに多く含まれる栄養素ですが、その他うなぎや豚のレバーなど、それほど食べる頻度が高くない食材に多く含まれているため、慢性的に亜鉛の摂取量が少ない傾向にあります。

その為育毛サプリとして亜鉛を補給することで、髪の毛のコシが大幅に高まって育毛効果が高くなる場合があります。

そして、海藻類などに多く含まれるカルシウムや鉄分、カリウムなども髪の毛には必要な有効成分となる為、キノコ類や海藻類なども十分に確保することが大事です。

そして大豆食品である豆腐を食べる習慣であったり、味噌も良い選択となるため、基本的には育毛対策の食事は和食のバランスが有効となります。

和食だと脂質の摂取量もある程度の範囲に抑えられることが多いため、頭皮の皮脂の分泌量も安定してくる可能性が高いのです。

頭皮の乾燥により薄毛に有効な育毛剤とは

薄毛の中でもM字型やO型のように分かりやすい分類ができず、全体的に薄くなってきている人などがいます。

そういった人たちの薄毛の場合には、頭皮の状況を見ることで薄毛の原因を推測することができます。

このタイプの薄毛の場合だと、頭皮の状態を大きく分けて、乾燥しているのかオイリーなのかの二通りに分けることができます。

そしてそれぞれの状態によって、使用すべき育毛剤が変わってきます。

この二通りのうち頭皮が乾燥しているタイプの薄毛は、乾燥によりフケなどがよく落ちるようになるのですが、そのときに髪の毛も一緒に落ちることにより薄毛になるのです。

その原因としては、シャンプーで頭皮を洗いすぎて皮脂まで洗い落とされている場合があります。

この場合だと荒い方を変えたりするだけで改善されるので、育毛剤は必要ありません。

ただ頭皮の乾燥には、栄養が行き渡っていないことにより起きている場合もあります。

この場合だと育毛剤が有効なので、血行を改善するなど栄養を行き渡らせる手助けをする育毛剤を使用するといいでしょう。

それ以外の育毛剤だと、保湿効果により頭皮の乾燥を防ぐ育毛剤なども有効です。

オイリーに比べて乾燥は軽視されがちですが、育毛剤を使用するなどしてしっかり対策をした方がいいでしょう。