育毛剤を購入しました

私は今まで薄毛の悩みを抱えていましたが、何もせずに放置してきました。

と言うのも、薄毛の人ならわかると思いますが、今さら何をしても手遅れじゃないか?という気持ちになってしまうのです。

そんな私ですが、つい先日育毛剤を購入しました。

どの育毛剤を購入すれば良いかわからかったので、本気で育毛剤について勉強してから選んだ育毛剤です。

この育毛剤の特徴は、なんと言ってもコスパの良さと優秀な育毛成分にあります。

育毛剤とサプリメントが付いてくるので、気軽に身体の内側と外側から育毛に取り組めるのは嬉しいと感じました。

育毛サプリメントを別で購入すると、平均で4,000円から5,000円程度は掛かります。

そんな出費はできないので、この育毛剤を購入して正解だったなと今では思います。

まだ使い始めたばかりなので、育毛効果を実感するには至っていませんが、これからに大きく期待しています。

来年の今頃は、今よりも髪の毛が増えているはずなので、早く時間が過ぎてくれないかなと、変な期待もしています。

育毛剤を真面目に使い続けていけば、必ず髪の毛は増えると信じているので、もし、髪の毛が増えなかった場合は、他の育毛剤に乗り換えてでも、必ず髪の毛を生やすという気持ちで、育毛に取り組んでいこうと思っています。

育毛剤の現状維持をどう見るか

育毛剤を使用してその変化を確認していると、中々違いが出ない場合があります。

顕著に抜け毛の傾向が変わってくる育毛剤もあれば、育毛剤を使っていない時期と何ら変わらないような育毛剤もあります。

しかし、長期的に使ってみると髪の毛のコシが出ていたり、気がつかない中でも抜け毛が多少なりとも減少している場合があります。

育毛剤の使用を中止すると症状が悪化するので、育毛剤の効果が出ていたことが確認できるのです。

このように、育毛剤を長期的に使っているとその変化が分からなくなってしまうことがあるため、検証するためにも別の育毛剤に切り替えてその変化をチェックしていくことが重要です。

特に頭皮の状態を鏡でチェックしても、僅かな変化を確認することが難しいため、育毛剤を切り替える際には頭皮の写真を撮影して保存しておくことが重要となります。

何も対策をしていないと年齢的な問題でどんどん薄くなってしまう可能性があるため、現状維持が出来ている段階においても育毛剤の効果が現れていると判断する事が出来ます。

現状維持で満足するか、更に高い発毛効果を狙っていくか等、コストなども考慮しながらより良い育毛対策をチェックして探していく対策が必要になってくるのです。

育毛剤の種類と使用のタイミング

薄毛の方で育毛に挑戦しようと思っている方は多いと思います。

こうした方達は育毛剤を使用することも考えていることでしょう。

まず育毛剤にはいくつかの種類があります。

男性ホルモンを抑制するものや、血行を良くするタイプなどです。

それぞれの商品を見てみて、自分に合うタイプの育毛剤を選ぶようにしましょう。

また、一度選んだ育毛剤は効果が出ないからとすぐに使用を中止するのではなく、数ヵ月間は継続して様子を見てみるべきです。

使用して短時間に効果が得られることの方が少ないからです。

次に、育毛剤を使用するタイミングに関しても重要です。

頭皮の毛穴は普通に生活をしていると皮脂などで汚れてしまいます。

そのため、毛穴が汚れた状態で育毛剤を使用してもしっかりと深くまで浸透しないのです。

深くまで浸透しないと当然ですが育毛剤の効果も弱いものになってしまいますよね。

育毛剤を使用する際は、最初にシャンプーでしっかりと頭皮を綺麗に洗ってから使用するべきなのです。

また、直接頭皮に塗るタイプではなく服用するタイプの育毛剤もあります。

プロペシアはとても有名で、クリニックなどで処方してもらうことが出来ます。

世界的に薄毛の治療をしてきた実績があるので、こうした服用タイプの育毛剤を使用すること考えても良いでしょう。

40代から育毛剤を使っています

昔は髪の毛が周りの同世代の人達と比べると多い方でした。

結構髪の毛がふさふさでいいなと言われることが多く、友達から羨ましいと何度も言われていました。

しかし40歳になってから明らかに髪の量が少なくなり、同世代の人たちと比べるとかなり薄毛になってしまっていました。

なので何かしら薄毛対策を行ったほうが良いと思い、育毛剤を使い始めました。

育毛剤というものは知ってはいたのですが、まさか自分が使うことになるとは思わなかったです。

最初の頃はそういったプライドが自分を邪魔しており、なかなか育毛剤を使うということに踏ん切りが付かずにいました。

しかし何もしなければこのまま髪の毛がなくなってしまうと思い、もう我慢をしないで育毛剤を使おうと決心できました。

使い始めて1年程経ったのですが、結構髪の量に変化が見られています。

昔は髪の量が少なくて地肌が見えていたのですが、最近はその地肌が隠れるようになってきています。

本当に効果があるとは思わなかったので、かなり嬉しい変化といえます。

これからもこの育毛剤をしっかりと毎日使い続けて、今以上に髪の毛を増やしたいです。

育毛剤にはこれからもお世話になるつもりですし、育毛剤抜きの生活は考えられません。

育毛剤とタンパク質の補給がポイント

育毛対策をする上で重要になってくるのが食事のあり方です。

好きなものを食べ続けていては、抜け毛は減らないため頭皮の環境をベストに保つための食材選びをしていく必要があります。

髪の毛は、ケラチンというタンパク質が主成分となっていますが、髪の毛を合成する際にはビタミン類やミネラル類が多く必要になってくるため、これらを食事で確保していく事が重要になってきます。

特に注目されるのは亜鉛です。

亜鉛は牡蠣などに多く含まれる栄養素ですが、その他うなぎや豚のレバーなど、それほど食べる頻度が高くない食材に多く含まれているため、慢性的に亜鉛の摂取量が少ない傾向にあります。

その為育毛サプリとして亜鉛を補給することで、髪の毛のコシが大幅に高まって育毛効果が高くなる場合があります。

そして、海藻類などに多く含まれるカルシウムや鉄分、カリウムなども髪の毛には必要な有効成分となる為、キノコ類や海藻類なども十分に確保することが大事です。

そして大豆食品である豆腐を食べる習慣であったり、味噌も良い選択となるため、基本的には育毛対策の食事は和食のバランスが有効となります。

和食だと脂質の摂取量もある程度の範囲に抑えられることが多いため、頭皮の皮脂の分泌量も安定してくる可能性が高いのです。

頭皮の乾燥により薄毛に有効な育毛剤とは

薄毛の中でもM字型やO型のように分かりやすい分類ができず、全体的に薄くなってきている人などがいます。

そういった人たちの薄毛の場合には、頭皮の状況を見ることで薄毛の原因を推測することができます。

このタイプの薄毛の場合だと、頭皮の状態を大きく分けて、乾燥しているのかオイリーなのかの二通りに分けることができます。

そしてそれぞれの状態によって、使用すべき育毛剤が変わってきます。

この二通りのうち頭皮が乾燥しているタイプの薄毛は、乾燥によりフケなどがよく落ちるようになるのですが、そのときに髪の毛も一緒に落ちることにより薄毛になるのです。

その原因としては、シャンプーで頭皮を洗いすぎて皮脂まで洗い落とされている場合があります。

この場合だと荒い方を変えたりするだけで改善されるので、育毛剤は必要ありません。

ただ頭皮の乾燥には、栄養が行き渡っていないことにより起きている場合もあります。

この場合だと育毛剤が有効なので、血行を改善するなど栄養を行き渡らせる手助けをする育毛剤を使用するといいでしょう。

それ以外の育毛剤だと、保湿効果により頭皮の乾燥を防ぐ育毛剤なども有効です。

オイリーに比べて乾燥は軽視されがちですが、育毛剤を使用するなどしてしっかり対策をした方がいいでしょう。

育毛剤には副作用のあるものとないものがある

育毛剤には副作用が存在するものがあります。

例えばフィナステリドやミノキシジルなどの成分のものが、副作用が起きる可能性が高いです。

とはいえ全体から見れば、副作用が起こる確率はそこまで高いものではありません。

しかし体質や病気などによってその危険性はぐんと高まります。

ですが育毛剤は年々進化を続けており、副作用の危険性を極力なくしたものも開発されています。

例えばキャピキシルやピディオキシジルなどです。

前者は天然由来の成分であるため、副作用のリスクはほとんどありません。

にもかかわらずミノキシジルの約三倍ほどの育毛効果を持っていると言われています。

また後者のピディオキシジルは、ミノキシジルから副作用が起こる可能性のある成分を取り除いたものです。

育毛効果はミノキシジルと同等でありながら、副作用の可能性がない成分として近年注目されています。

副作用が起きることがないなら、使うほうも安心です。

育毛効果はどちらにしろ高いのですから、安全な育毛剤を使ったほうが髪のためにもなります。

とはいえ体質は人によって違いますから、いくら安全性を謳っていても万が一ということもありえます。

できることなら医者に相談を行ったほうが確実です。
詳しく:育毛剤事情

ピディオキシジル配合の育毛剤効果

話題の主成分が配合された育毛剤がいつも発売されていますが、見たことのないような新成分が配合されて新登場するときには、従来製品よりもより効果の高い成分が含有しているとアピールする事が多くあります。

ピディオキシジルに関しても、人気となっているミノキシジルとにたような効果があり、更に他の成分も配合していることからより高い相乗効果が期待できるというキャッチコピーとなっています。

ですが、まだまだ認知度も低く多くの人が使用している育毛剤ではないことから、ミノキシジルを超えるような製品であるかどうかがまだ確実ではない段階となっています。

ミノキシジルのように様々な人が利用して、多くの人に何らかの変化が現れるようになると、従来の育毛剤のような判断材料の少ない変化ではないため、多くの人が支持する可能性はあります。

ですが、調査段階の育毛剤を使用するのはあまり良い対策でもありません。

育毛剤の効果を実感する為には数ヶ月間使用し続ける必要があるため、もし期待したような効果の無い育毛剤であればその時間を損してしまう事になります。

そのような事から、多くの人が良い効果に満足するような状況になってからを選択すべきです。

それまでは、従来製品の中のより効果の高い育毛剤で対策していくべきです。

なんと!育毛剤は白髪にも効果あり?

白髪が生えてくると、それに関しての対策はないと言われています。

ところが、白髪が少なくなったという話をチラホラ聞いた事があります。

その話に共通するのが、髪が健康になった人からの話だと言う事です。

加齢が進むと、白髪が増える傾向にあります。

白髪のメカニズムについては、完全に解明されていませんが、加齢が関係している事は確かです。

と言う事は、髪の若返りをしてあげれば、白髪にも影響があるのかもしれません。

育毛剤で髪にボリュームやツヤが出たり、育毛効果があったという人の口コミの中にも、白髪が黒くなったと言う口コミを見かけます。

科学的な証明はないにしても、育毛剤は何らかの影響を与えているのかもしれません。

育毛剤を使う事は、加齢によるヘアダメージを改善してくれます。

頭皮環境が良くなり、髪に栄養が行きわたる事で、白髪が黒髪に戻るのかもしれません。

また、若返りの精神的な影響も関係しているかもしれません。

育毛剤は白髪に効果があるとは断言できませんが、頭皮の加齢によるダメージには良い影響を与えてくれます。

育毛剤を使い続ければ、もしかしたら白髪も軽減できるかもしれません。

ぜひ、アンチエイジングケアとして育毛剤を使ってみてはどうでしょう。

育毛シャンプーと育毛剤は違う物

育毛剤と並んでスカルプケア商品として注目されているものに、育毛シャンプーという商品があります。

育毛と表されることから、育毛剤がシャンプーになったものかと思わせるこの製品にはしかし、育毛における能力はほとんど備えられてはいません。

シャンプーとして頭皮環境を改善し、髪が育ちやすい状況を作り出すのが育毛シャンプーの主な働きであり、頭皮に潤いをもたらし皮脂によるつまりを解消することはできても、そこに髪を生やすための能力は含まれていないのです。

頭皮環境を整える育毛シャンプーの力を利用すれば、育毛剤の効果は頭皮に飛躍的に届くようになります。

そうして初めて頭皮に、発毛の力は与えられます。

育毛剤と育毛シャンプーは相性の良い組み合わせではあるものの、両者のパワーバランスには偏りがあり、立場はけして対等とは言えません。

育毛剤だけでも発毛は可能ですが、育毛シャンプーだけで髪を生やすことができないからです。

どちらか片方しか買えないというのなら、優先すべきは当然育毛剤です。

育毛シャンプーを補助アイテムとして理解した上で、育毛のために使用するのはとても良いことです。

名前のイメージのみならず、その中身を正確に知ることで、薄毛に対して効果的な育毛が行えます。

敏感肌や乾燥肌には刺激の強い育毛剤はNG

育毛剤を使うにあたって注意しなければならないのは頭皮への刺激です。

肌には普通肌や敏感肌、乾燥肌などの種類がありますが、同様に頭皮にもその性質は現れるのです。

つまり敏感肌や乾燥肌の人は頭皮自体刺激に弱く、乾燥しがちなのです。

敏感肌の人は刺激に弱いですから、育毛剤は頭皮に優しいものを使う必要があります。

もし刺激の強い育毛剤を使ってしまったら、頭皮が炎症やかぶれなどを引き起こしてしまいます。

そんな刺激の強い育毛剤は育毛効果が高いと言われているミノキシジルが入ったものです。

敏感肌の人に向いている育毛剤は無添加のものです。

無添加のものは刺激の強い成分が含まれていないため、敏感肌の人でも安心して使用できるのです。

また敏感肌は乾燥肌と似ていて、頭皮に水分が少ないために乾燥しています。

なので頭皮に潤いを与えることも薄毛の改善に必要になってくるのです。

育毛剤の中には保湿成分が配合されているものもあるため、それを使うことも一つの手です。

無添加でなおかつ保湿成分が含まれている育毛剤が、敏感肌や乾燥肌の人に向いていると言えます。

さらに頭皮が刺激に弱いと些細なことが薄毛の原因になってしまうかもしれません。

それゆえ育毛剤選びに慎重になるだけでなく、使用時にも注意を払ったほうがいいです。

育毛剤をはじめた理由

50歳を過ぎて、髪の薄さが急に気になってきました。

現在はパーマもかけておらずショートヘアなので髪全体がペタンとしており、分け目も以前より地肌が目立っています。

髪が薄くなることでこんなに老けて見えるのかと、怖くなっています。

ご高齢の女性の方なども、髪が薄くなってウイッグを使う方も多いようです。

今のうちに手を打っておけば改善できるだろうと感じました。

私の薄毛の原因は、髪の細さにあります。

もともと細い髪だったのですが、年齢的に発毛サイクルが衰えたのか、あるいはもっと細くなったのかと感じます。

そこでまずは、市販品の育毛に力を入れているシャンプーに変えてみることにしました。

リンスは使わないタイプでした。

これはなかなか効果的でした。

朝起きると髪にハリがあって、少なからずボリュームアップが感じられ、地肌も目立ちにくくなっています。

こんなに効果があるとは意外なもので、しばらく続けることにしました。

育毛に力を入れたシャンプーでも、こんなに髪の状態に効果があるので、育毛剤を使えば確実に改善できるだろうという予測を立てることができました。

育毛剤は地肌に良い成分が大変多く含まれています。

シャンプーは洗い流しますが、育毛剤は地肌に直接つけますから、さらなる効果が期待できると感じました。

自然由来の成分で無添加の育毛剤も多く、安心して使えそうです。

特に私の場合は、髪に栄養を与えて、細くて弱った髪でなく、ハリやコシのある健康な髪を目指せば自然にボリュームが出るはずです。

血行促進や育毛成分が入った育毛剤を選んで購入し、現在毎日使用しております。

悩み始めた当時に比べ、今は薄毛が気にならない程度まで改善しています。

育毛剤は育毛サプリと併用した方がより効果的

私はとても髪が細く、寝ている時の摩擦だけでも髪が切れてしまったり抜け毛が発生するので、常に育毛剤でのケアは欠かせません。

最初は頭皮に使うのみの育毛剤をよく購入していましたが、友達はこの育毛剤の他にもサプリメントを併用しているということです。

その方が育毛効果も高く、髪のボリュームアップも見込めるというのです。

メーカーによっては頭皮に利用する育毛剤と、育毛サプリメントの両方を出している場合がありますから、より効果を高める為には同じシリーズの育毛ケア用品を使った方がさらに効果的ではあります。

ですが、 同じ商品のラインの中に育毛サプリなどがない場合には、亜鉛やノコギリヤシなどのサプリメントを併用すると良いそうです。

髪の成長に関わっているのがタンパク質と亜鉛ですから、常に亜鉛を補うことが大切です。

また、男性型脱毛症などの場合には、男性の活力を回復してくれるノコギリヤシが最適なのです。

薄毛改善のクリニックなどでも、育毛剤と育毛サプリの併用を薦められますし、体内から髪を回復する効果も得られた方が、より薄毛を改善する作用も高まります。

もちろん、どちらも併用すると金銭的にも負担が大きくなりますから、私は安価な亜鉛サプリを育毛剤と併用していますが、今までより発毛効果はかなり高くなったと思います。

頭頂部の薄毛を食い止めるため育毛剤で頭皮ケア

私が薄毛と自覚したのは人から言われた何気ないことでしたが、自分自身はまだ髪の毛に余裕があると思っていただけにそのときはショックでした。

それでそんな状況をどうにか改善しようと考え髪の毛に良さそうなことを探していると育毛剤に目がとまったのです。

今の状態はボリュームが失われつつあり日によってはペタっとした感じになるから、カツラ着用や医師に診てもらうといった本格的なものよりも、少しのケアでなんとかなりそうなものの方がいいと思ったからです。

育毛剤の中でも自分の頭皮に合ったものは頭頂部から進行していくタイプに効きそうな種類だとわかり、使われている成分や体験者の声を見て選びました。

そして育毛剤を毎日使い、薄毛進行の食い止めと頭皮の活性化を目標に頑張っています。

頭頂部なので育毛剤を使うときに洗面台の前で合わせ鏡をするのが精神的にくるものがあったけれど、月日が経過していくうちにその成果が少しずつ現れてきたのでそんな作業も楽しく感じてきました。

最近は手のひらで撫でると以前のようなボリュームが戻ってきたと明らかに違いがわかるほどですし、育毛剤の効き目に心底驚いています。

髪型にちょっと厚みが出てきただけで若々しく見られるようになったから、薄毛のケアをすることは本当に大事なことだと身をもって知りました。
参考:育毛剤ランキング

抜け毛の頻度と育毛剤の対策

シャンプーをしている時に髪の毛が大量に抜けてしまい慌てることがあります。

このような状況は育毛対策をしていると考えられる事ですが、抜けてしまう髪の毛はすでに抜ける事が決定してしまっている髪の毛です。

髪の毛には毛周期があり、成長段階の髪だけはある程度の長さまでどんどん成長していきますが、抜ける事が決定した休止期の髪の毛は、数ヶ月前の段階で抜け落ちる事が決定してしまった髪の毛です。

この髪の毛をシャンプーの時に刺激を与える事によってまとめて抜けても驚いてはいけないのです。

数ヶ月前の段階で抜ける髪の毛と決まった事が問題であり、成長段階の髪の毛を多くキープできていない事が最大のポイントとなります。

育毛剤を使って育毛対策をするときには、成長期の髪の毛を増やすための対策を心がける事が大事です。

ミノキシジルなどの効果の高い育毛剤を使うことによって、発毛因子に語りかけ毛母細胞が活性化してくれる可能性が高いのです。

このような将来に向けた育毛対策を心がけて行くと、現状の抜け毛の量が仕方のない事だと分かるし、将来的に成長段階の髪の毛を増やすためにも、不要な休止期となった髪の毛は早めに抜け落ちる事が有効である事もわかってくるのです。

育毛剤の効果を期待する

髪の毛が薄くなってしまうと、薄くなった部分を各層として帽子をかぶる対策であったり、出来るだけ人目に触れないように解説しないようになったりとマイナスな対策をしてしまう事があります。

しかし、人目に触れないようになると育毛対策をやらなくなってしまったり、ストレスを感じるようになったりするので、余計に薄毛の可能性を高めてしまうのです。

それよりも、人目に触れるようにショートカットにして通気性を良くすることが重要であり、自信を持って周りの人達に見せる事によって不要なストレスを回避することが出来ます。

ストレスがたまると必然的に血行不良の状態になってしまう為、薄毛の状態は段々と明かしてしまうのです。

それを回避するために人に見せながら育毛対策をしていることも公言することが大事です。

育毛シャンプーを利用し、効果の高い育毛剤を毎日塗布していることを言ってしまえば気分的にも楽になる可能性が高いのです。

このようにストレスを感じないような育毛対策をしていくことが重要であり、育毛剤を毎日塗布している変化についても周りの人達に報告するようにしていけば、見た目的に薄毛が解消してきたなどの意見を言って貰える可能性が高いのです。

このような良い育毛環境を整えていく事が重要となります。

塗布する育毛剤よりもタブレットが効果的

多くの場合、有名なミノキシジルが含有した育毛剤を使用してその変化に驚くようなことがあると、更に高い効果を求めてミノキシジルのタブレットタイプを使ってみたくなります。

ネットで簡単に情報を得ることは可能ですが、ミノキシジルのタブレットタイプは直接ミノキシジルを錠剤で飲む事になるため、非常に高い育毛効果と副作用の影響が考えられるのです。

ミノキシジルは頭髪だけを狙って増やす事は難しいため、胸毛やすね毛、腕毛等の体全体の体毛が増えることになります。

そして眉毛やまつげなどが急激に伸びたり、頬全体のうぶ毛が濃くなっていくなどの副作用も考えられます。

どのような状態で変化が現れるのが自分で予測する事が難しいため、実際に使ってみて育毛剤で使っていたミノキシジルの効果と、タブレットタイプの効果を比較していく事が重要です。

十分に許容範囲なのであれば、タブレットタイプを長期的に使うことも有効ですが、入手するために海外通販を利用する事になるため安全なルートで調達する為の情報が重要になってきます。

このような海外通販でAGAの医薬品のジェネリックタイプが格安で購入できるため、使用用途を守り安全な範囲で使用できるのであれば、自己判断でAGA治療薬を手に入れるのも良い選択となるはずです。

リアップのミノキシジルという成分について

日本のおいて、医療機関での処方なしに手に入れることができる最も有名な育毛剤は大正製薬のリアップシリーズといっていいでしょう。

リアップシリーズには日本では他の育毛剤では使用することができない、育毛成分としてのミノキシジルが含まれているからです。

ミノキシジルは発毛効果が科学的、医学的に実証されている医薬品成分ですので、市販されている育毛剤の中ではリアップシリーズ以上の選択はないとも言えます。

しかし、リアップシリーズを販売している大正製薬のデータを見てみると、リアップシリーズの長期の使用によってはっきりした効果があったという人は全体の5%程度しかありません。

そして、何らかの効果があったと感じている人は95%に達しています。

この数字をどう見るかによってリアップシリーズがどのような評価になるかを自分で判断しなければなりませんが、やはりかなり個人差があるということだけは確かなようです。

リアップシリーズはあくまで外用薬としてのミノキシジルであり、本当に効果があるのはミノキシジルの内服薬であるタブレットとも言われています。

効果が高いといわれていることで副作用も多くあるようですが、ミノキシジルの本当の効果はタブレットということになりそうです。

育毛剤に含有するミノキシジルの濃度を考える

人気の育毛剤に配合されているミノキシジルですが、ミノキシジルの含有量が多少違う製品が複数販売されています。

当然のように含有量が多いタイプは価格も上昇するのですが、その分だけミノキシジルの良い効果を多く期待する事が出来ます。

ミノキシジルは発毛品詞に刺激を与えるとても良い成分であるのですが、高濃度で使用すると副作用が出ることが分かっています。

より高い効果を期待するためにミノキシジルをタブレットタイプで口から摂取するという方法がありますが、タブレットタイプのミノキシジルは体に大量のミノキシジルが浸透していくため、心臓の鼓動が早くなるような副作用がみられたり、鼓動のリズムが変わるなどの症状もあります。

元々血管拡張剤として開発されている薬であるため、血流の流れが一時的に速くなったりする可能性があります。

このような副作用が気になる場合には、ミノキシジルの濃度を下げる必要がありますが、国内で販売されている製品の濃度は低い製品ばかりなので気にするような症状が出る可能性は低くなります。

ですが、海外のミノキシジル製品はとするタイプであっても非常に高濃度な製品が販売されているため、そのような育毛剤を使うときには使用上の注意を良く守る必要があります。